食品せどり 2017

体力、金をあまり使わず稼ぎたい実践日記

せどりをやってみて

再現性の高い物販ビジネス

即金性の高いビジネス

 

なにかとビジネスという言葉を使いたがるよね。

要は馬鹿でも真似出来てすぐ金が入るということ。

 

バカでも真似できるから馬鹿な出品者が多いのも事実。

やり方、ノウハウを知っているか否か

それだけです。

 

ビジネス、ビジネスっていうけど

アマゾンの販売力、システムに頼り切ったせどり

どこがビジネスだというのか?

他人のふんどしで相撲とっているだけ。

と、僕は感じます。

 

アマゾンが販売したら駄目って言ったら

おとなしく商品を引き下げる?

メーカーからクレームが入ったら

おとなしく商品を引き下げる?

アマゾン以外の販路でさばけばいい?

 

こんなこと稼げる情報として流してるんだから

セドラーのレベルなんてそんなもの。

 

せどりなんてリサーチしかすることないのに

電脳せどりはリサーチが全てです。これが私のモットー?です。とかドヤ顔でいうのもね。

滑稽でございます。

 

昨年のクリスマス。

ウーモというおもちゃが人気が出て。

セドラーは刈り取りまくり。(在庫を買い占める)

定価の何倍もの値付けをして、山積みの商品画像を載せて、定価の2倍ならまだ値付けが甘い!とか自慢げにほざいていた。

寒気がする。

ウーモが無いと、子供が仲間はずれにされる事を心配する親が高すぎるおもちゃを不満に思いながらも購入するのですかね?

こういう事例が重なるとどうなるのでしょうかね?

 

プリンスという黒人の歌手が亡くなった時も、

その人のCDの在庫は即無くなり、定価以上の(プレ値)出品者が激増。

人の不幸に便乗するセドラー。

 

北海道の台風被害でじゃがいも不足による、ポテトチップスの販売停止。

このニュース以降も馬鹿げた価格での出品者がニュースでも取り上げられていた。

農家さんには深刻な問題もセドラーには関係ないようですね。

 

クズばっかり。

 

だから、辞めましたよ。

最初は希望を持ってせどりを始めましたが、

マナーの悪い人が多すぎて、嫌になりました。

中にはまともな方もいらっしゃいますよ。

 

同類に属することが嫌になりました。

同じ事をするのが嫌になりました。

 

どう感じ、どう考えるかは個人の自由。

 

このブログは、僕のような病気などが理由で仕事は休業中。

でも、なんとか稼ぎたい方の為に、

クソ教材に無駄金払わずに済むよう立ち上げました。

 

すこしでもプラスになれたのなら幸いです。

 

せどりは今年いっぱいと考えておいた方が良いかもしれません。

今はキャンペーンで今年いっぱいは

手数料割引、FBA倉庫までの納品送料が無料とか

やってますけど、それが終わったら?

なぜそんな太っ腹キャンペーンをやっているのか?

在庫は今年中に売り切るようにしたほうが良いかもね。