北海道の記LOG

体力、金をあまり使わず稼ぎたい実践日記

煽りたくなる気持ちは十分にわかる。

煽り運転は絶対にするべきではないが

煽りたくなる気持ちは十分にわかる。
運転していて他のドライバーに殺意を覚えることは多い。
今日、買い物へでかけた帰り道。
片側2車線の国道、赤信号でとまる。
自車は右側車線、自車の前には赤いデミオデミオが先頭だ。
左側車線は制限速度+10キロ程度、右側は+20キロ程度で流れているような国道。
信号が青に変わる、次の交差点までは5分以上かかる距離。
流れがスムーズなら無理せず遅い車を追い越し可能な距離。

こういう時、右側を走る人は左側の車を抜きたいと考えている。
私も同様に考えていて、赤デミオがスムーズに
左側車線の車を抜いてくれることを期待していた。
だが、赤デミオは抜かさずに左側車線の車と並び、同じ速度で走っている。
フタをされた状態で右側車線の自車の後ろにも続々と
車が続いて大名行列となりつつある。
この時の速度、60キロあたり。
それなら左側車線を走って欲しい、後ろが詰まっていることに気づいてほしい。
そう思いませんが?
ここで、赤デミオが抜くまで待とう、と思えるひともいれば
デミオの野郎!流れを悪くしやがって、邪魔なやつだ、思い知らせてやる!
と思う人もいます。
私も若い頃は後者でしたが、今は前者。
ただ、イライラすることもあります。

道路はみんなで使うもの。
だから、ルールがあります。
ルールを守るのは社会人として当然、
でもルールを守れない人もいるのも事実。
ルールは守れなくても、周りの車、人に気を使ってもらいたものです。

http://www.karimaya.com/